FC2ブログ
flower border

日々を読み解く

普通の日々をスピリチュアルな視点で観察しています。

足枷 その②(桓武天皇)

Categoryスピリチュアルな体験
※ここから順にお読み下さい。
●足枷 その①(鞍馬寺)→http://spiritualbook.blog.fc2.com/blog-entry-449.html

 京都初日。
 東寺や八坂神社、清水寺・高台寺・圓徳院のライトアップを観光しました。

201712111344426ea.jpeg

 その日、やたら月がキレイだなぁと思っていると、
 どうやらスーパームーンだったようです。

2017120913291382a.jpeg

 そして、その日夢を見ました。

 詳しい内容は忘れてしまったのですが、
 誰かと話をしていて、なぜだか「長岡天満宮」という言葉と文字が浮かびました。

 翌朝目覚めてすぐ、長岡天満宮?どこだ?
 と思い、すぐにスマホで検索すると、京都にあります。
 思わぬ場所からの呼びかけに、場所も確認。

 マジかぁ。観光ルート、外れているぞ。
 その日は鞍馬寺と貴船神社、帰りに銀閣寺へ行く予定でした。

 鞍馬は私の中でメインでしたので、削ることはできず。
 銀閣寺まで寄ったら長岡天満宮に着くまでには夜になるので、
 迷った挙句、銀閣寺を取りやめ、夢の指示に従うことに。。

 鞍馬山を下山し、そこから距離はあるのですが
 長岡天満宮を目指しました。

 なぜ?長岡天満宮が突然出てきたのだろう?

 長岡天満宮の御祭神は菅原道真公となっています。
 京都では北野天満宮も菅原道真を祀っています。

 なぜ長岡天満宮の方?

 それは、直接行って理解できました。

20171209133203ca3.jpeg

 夕方17時には社務所が閉まるのですが、
 その時間帯に、迷うことなく長岡天満宮へ到着し
 参拝後社務所に寄ると、
 御札の中に「天照大神」と「桓武天皇」の名があります。

 私がひっかかったのは、「桓武天皇」の文字でした。

 ・・・桓武天皇。

 教科書でしかその名を見たことはなかったのですが
 奈良にあった都(平城京)から、京の都(平安京)に遷都した天皇です。

 今の京都の礎を作ったと行っても過言ではありません。
 
 この長岡天満宮は、最初に京都に遷都し造営した都・長岡京の跡地でした。

なぜ、ここに呼ばれたのか、ひっかかりを覚えつつ、
薄暗くなっていたため、長岡天満宮を後にしたのでした。
 
翌日。
以前夢で見たとおりのことが・・・。

続く。。
関連記事

0 Comments

Post a comment