flower border

日々を読み解く

普通の日々をスピリチュアルな視点で観察しています。

リーディング:【2016年日本の現状と九州地震の意味】

Categoryカードリーディング

まずはじめに、九州で被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回のカードディーディングは、今年の日本の現状についての質問は、
熊本で地震が起こる前にリーディングしたものです。
結果論になりますが、今見てみると、やはりカードはそのことを示していたんだな。。。と思いました。

 現       状 : 「皇帝」
 三ヶ月後の現状 : 「心の葛藤」
 メ ッ セ ー ジ : 「カネ」「パフ」「オレ」


昨年、日本の現状をリーディングしたときは、「女教皇」でした。
そして今年は「皇帝」のカード。
絶対的基準を、さらに強めているように見えます。
なんというか、もっと政治的に強く推し進めるような・・・。

そして三ヶ月後のカードが、「心の葛藤」。
カードを引いた時はまだ震災は起きていませんでしたが、
このことにより、強く推し進める力が、弱まったのでしょうか。
東京オリンピック開催をリーディングしたときも、
開催までの間に苦悩や葛藤、しかしそれを乗り越える精神的な強さのカードが出ています。
今はまだ苦悩の途中かもしれませんが、いずれ乗り越えるだけの強さを、日本が持てることを信じております。

そしてメッセージカードは、太鼓やほら貝と言った、いわゆる合図を出すための道具が出ています。
メインカードは、生命や創造をつかさどる、カネ。
そのことから、今年は神々からの警鐘を鳴らすような出来事が、何度も起こるのかもしれません。
でもそれは、新しく再生し創造するためのものだと、カードは伝えている気がします。

そして今回の九州一円で起こった地震について。
出たカードは「ラアマオマオ」と「マート」のカード。

共通する意味は、おそらく「終わった」ということ。

風の女神であるラアマオマオの意味は、過去から切り離され、償われたということ。
そして訴訟を司るエジプトの女神マートは、罪の意識の重さを量る、天秤を手にしています。

言葉が不謹慎で申し訳ないのですが、
カードが示すものは、九州一円の抱えるカルマ的なものの解消ではないかと私には読めます。
そのカルマについては、ヴィジョンとして私に入ってくるものはあるのですが、もはやおそらく「終わった」ことなので、ここでは言及しません。

地震による震災から、あきらめない精神力を持って復興されるだけの力が、この日本には備わっていることを私は信じています。

A1_sky07[1]_convert_20131019225149


リーディングについてはこちらから→http://spiritualbook.blog.fc2.com/blog-category-13.html
関連記事

0 Comments

Post a comment